歯の本数🦷=健康寿命✨

こんにちは✨

大人と子供の歯並び、見えない矯正治療、アメリカ発のハリウッドホワイトニング💎専門の白金台パール矯正歯科こども歯科の髙橋直子です👩‍⚕️

 

日本人の平均寿命は女性が86.61歳、男性が80.21歳と、世界でもトップクラスの水準であることは皆様もご存知だと思います。

では、80歳まで元気で活動できているのか、というとその数値は「健康寿命」という数値で表されており、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義づけられています。だれもが、健康に長寿を全うしたいと願い、要介護状態になってしまうことを回避したいと思うのは当然だと思われます。それでは、現状で日本人における、「平均寿命」と「健康寿命」の間にはどれほどの差があるのでしょうか?

2010年の報告では、平均寿命と健康寿命との間には、男性では約9年、女性では約13年も差があると報告されています。つまりは、男性は9年間、女性は13年間も要介護状態のまま暮らしている、ということです💦

自分は大丈夫、と思いたいところですが💦

2011年の歯科疾患実態調査から、

「65歳以上の日本人2万人以上を対象とした4年間の調査では、残った歯の数が少ない人ほど寿命が短くなることが明らかになり、死亡率は、20歯以上の人に比べて、10~19歯の人で1.3倍、0~9歯の人で1.7倍に上昇した。」との報告がありました。

また、愛知県の65歳以上の住民を3~4年間追跡した研究では、歯が多く残っている人では、認知症の発症や転倒する危険性が低いということが示されました。それによると歯を失い、入れ歯を使用していない場合、歯が20歯以上残っている人や入れ歯によりかみ合わせが回復している人と比較して、認知症の発症リスクが最大1.9倍に上昇することが分かった、とのことです💦

保有する歯が19歯以下の人は、20歯以上の人と比較して要介護認定を受ける割合が1.2倍に上昇し、要介護状態になる危険性も歯が多い人ほど少ないことが分かりました✨

 

つまり、元気な高齢者でいるには、できるだけ自分の歯を保有することが秘訣となりそうです🦷✨

最後に歯科の検診に行かれたのはいつですか??

痛くなる前に、痛くない今こそ、ぜひ歯医者さんにいって診てもらいましょう✨👩‍⚕️✨

 

☆白金台パール矯正歯科こども歯科 ☆ Pearl Orthodontic Office☆

https://www.pearl-dentalclinic.jp/

https://www.facebook.com/pearlultimatewhite/

https://www.instagram.com/pearl_20181101/

https://www.instagram.com/takahashi_naoko_pearl/

03-3445-1182(いい歯に)

診療カレンダー

インスタグラム
フェイスブック
髙橋院長のインスタグラム
ホワイトニング専用フェイスブック
ページトップへ