歯並びは遺伝??

こんにちは✨

大人と子供の歯並び、見えない矯正治療、アメリカ発のハリウッドホワイトニング💎専門の白金台パール矯正歯科こども歯科の髙橋直子です👩‍⚕️

 

歯並びが悪くなってしまう原因には、歯やあごの大きさやバランスの問題などの先天的な要素と、生活習慣などからくる後天的な要素とがあります。

なので歯並びが遺伝している、というよりは、歯の大きさや顎の大きさが遺伝して、似たような歯並びになることがあります。

 

☆歯が大きくて、あごが小さいほど歯並びはデコボコになります。

先天的な要素として、歯の大きさやあごのバランスなどが遺伝することにより、歯並びに影響することがありますが、必ずしも親子で同じ歯並びになることはありません。

歯並びには後天的な要素も影響してきます。日常の食生活をはじめとする幼児期からの生活習慣や、姿勢、指しゃぶり、頬づえ、舌癖(ぜつへき ※舌を出すくせ)のような後天的な要素も大きいのが特徴です。歯並びが悪い方の半数以上が、遺伝的要素より、生活習慣などの後天的な要素が原因である、とも言われています。

また、乳歯の虫歯も後天的な要素の一つです。乳歯が虫歯になってしまい、早い時期に抜いてしまうと、隣の歯が倒れてきてしまったりして、永久歯が生えてくるすき間がなくなってしまい、歯並びを悪くしてしまうからです。

そして歯並びは、歯が生えかわる順番によっても変わってきます。上の前歯の真ん中は、だいたい上の歯の中では始めに生えます。その隣の歯は、前歯に隙間が足りないと内側からしか生えるスペースがないので、内側から生えます。上の犬歯(糸切り歯)は最後に生えてくるので、隙間が足りないと上の方から生えてきたり、途中で止まってしまい八重歯になります。

 

☆歯が小さくて、あごが大きいほど歯並びはすきっ歯になります。

すきっ歯は舌の大きさも関係します。舌が大きいほどすきっ歯になりやすいのです。また、舌癖も関係してきますので、矯正治療しながら舌のトレーニングもいたします。

 

矯正相談を無料でしておりますので、少しでも気になる方はお気軽にご相談ください🦷💫

 

白金台パール矯正歯科こども歯科 ☆ Pearl Orthodontic Office

https://www.pearl-dentalclinic.jp/

https://www.facebook.com/pearlultimatewhite/

https://www.instagram.com/pearl_20181101/

https://www.instagram.com/takahashi_naoko_pearl/

03-3445-1182(いい歯に)

診療カレンダー

インスタグラム
フェイスブック
髙橋院長のインスタグラム
ホワイトニング専用フェイスブック
ページトップへ