おとなの矯正歯科

矯正治療

大人の矯正

矯正歯科治療は魅力的な笑顔になっていただくことのみならず、歯の健康を保つためにも重要です。

矯正治療を行うことで、歯の劣化、歯周病、消化不良、滑舌不良等、歯に起因する様々な病態を未病の段階で防ぐことが可能です。つまり矯正治療は審美的な効果のみならず、口腔内の病気を未病の段階で防ぐ先制医療の側面も持っているのです。

当院院長の髙橋は、約14年間、東京医科歯科大学及び東京大学で、半側小顔症をはじめとする疾患に伴う治療の難易度が高い咬合不全に対する歯科矯正治療に従事して参りました。14年間の大学病院在籍中、並行して複数のクリニックにて成人・小児の審美的な矯正治療も継続して行い、2018年の当院開院まで数多くの矯正治療の経験を有する日本矯正歯科学会認定医です。また、矯正治療、クリーニング、ホワイトニングといった口腔内の健康に対して問題意識の高い米国(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)での研修経験や、ドイツ連邦共和国(ベルリン)で、最先端のクリニックの見学経験があり、日々積極的に最先端の矯正歯科技術を習得すべく研鑽を積んでおります。

当クリニックでは美しく、魅力的でかつ健康的な口腔内環境を保つべく、それぞれの患者様の口腔内の状態と社会的なニーズにマッチしたテイラーメードの矯正治療をご提案させていただきます。

当院で対応可能な矯正治療

大人の矯正

当院で対応可能な矯正治療には以下の3種類があります。

表側矯正

大人の矯正

小さな力で効率よく歯の位置を矯正することが可能な、痛みの少ない矯正治療です。オーソドックスな方法で多くの患者様に適した治療法です。昔は金属装置が主流でしたが、白や透明タイプもあるので表側矯正でも目立ちにくくすることが可能になっています。簡単に取り外しが出来ない等のデメリットがあります。

マウスピース矯正

プラスチック製の透明で人に気付かれずに矯正できる、取り外し可能な新しいタイプの矯正装置です。食事の際には取り外して頂きます。取り外しが可能なため、アナウンサーやモデル、営業職等、人前で話したりすることが多い職業の方でも仕事の都合で簡単に取り外すことが可能です。金属アレルギーの方にも安心です。ワイヤーを用いた矯正法と比べて治療期間が長くなる傾向にあるデメリットがありますが、当院で導入している特殊な機械から照射されるブルーライトを併用することで治療期間の短縮が可能です。

舌側矯正

大人の矯正

表側矯正と同様に金属製のワイヤーを用いた治療法ですが、歯の裏側にワイヤーを装着するため、装置が目立たず歯の表面を美しく保つことができます。裏側に装置があるので違和感を感じたり、滑舌が悪くなってしまう場合があります。

その他対応可能な矯正治療

その他にも当院では下記の対応が可能です。

非抜歯矯正

奥歯を移動させたり、歯列の幅を広くすることで永久歯が生えるスペースを確保し、抜歯せずに矯正を行います。また、歯の表面をわずかに削ってスペースを確保する方法もあります。

部分矯正

部分的に矯正が必要な際に、必要な部分にだけ装置を付けて矯正する方法です。矯正方法は表側矯正、裏側矯正など様々あります。

後戻りした時の再矯正

最初の矯正が不十分であった場合、矯正後の保定(後戻りの防止)が不十分だった場合、再矯正が必要となる可能性があります。他のクリニックで矯正した方の再矯正もご相談ください。

矯正治療を開始する時期に遅すぎるということはありません。実際に米国では矯正治療を受ける方の5人に1人は21歳以上とのデータがあります。魅力的な笑顔の効果は成人においてもプライスレスです。特に先ほどご紹介したマウスピース矯正 (Invisalign) は目立たずに矯正治療を行って頂くことができます。

あなたの歯並びはどのタイプですか?

前歯がガタガタ

叢生(そうせい)と呼ばれ、顎が小さく歯が生えるスペースが充分に確保できないことが原因で歯並びがガタガタになっている状態です。

前歯が噛み合わない

開咬(かいこう)と呼ばれ、上下の奥歯を噛み合せた時に上下の前歯が噛み合わない状態です。奥歯ばかりに負担がかかるので奥歯の劣化がすすみます。

出っ歯

上顎前突と呼ばれ、前歯や上顎が前に飛び出している状態です。骨格や歯生え方など先天的な原因のほか、舌癖や口呼吸等による後天的な原因もあります。

すきっ歯

前歯の真ん中だけに隙間がある状態を正中離開、全体的に隙間がある状態を空隙歯列(くうげきしれつ)と呼びます。隙間から空気が逃げるため滑舌が悪くなります。

受け口

反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれ、上顎より前に下顎が出ている状態です。前歯でものを噛むことができず、滑舌にも影響があります。

咬み合せが深く、噛んだ時に下の歯が見えない

過蓋咬合(かがいこうごう)と呼ばれ、上の歯で下の歯を押し上げるため歯並びが進行性に乱れていくリスクがあります。

大人の歯が足りない

歯が生えるスペースが狭いため、永久歯が歯茎の中に埋まったままになっている可能性があります。もともと歯の数が少ない方もいます。当院では最先端のCTスキャンを導入しているため正確な診断が可能です。

診療カレンダー

インスタグラム
フェイスブック
髙橋院長のインスタグラム
ホワイトニング専用フェイスブック
ページトップへ